親が事業を承継を決めるときに考える要素とスムーズな移行のヒント

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 親が事業を承継を決めるときに考える要素とスムーズな移行のヒント
てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 親が事業を承継を決めるときに考える要素とスムーズな移行のヒント

執筆者小嶋 晃弘

◆国際基督教大学卒、大阪府立大学大学院経済学研究科修了。税理士、MBA、宅地建物取引士。国際営業、経理、労務、採用、人事、IT管理など幅広い分野での実務経験があります。 ◆税理士の顧問サービスの他、企業オーナーや個人事業主に対して資産運用コンサルティングや税務サポートを提供。金融教育の重要性を感じ、税務関連の執筆活動にも取り組んでおり、税務に関する書籍や記事を執筆しています。 ◆プライベートでは、2人の男の子の父。趣味は水泳、読書、カメラ、アニメで、休日には息子たちと一緒に自然を楽しんでいます。

2023年2月13日

ご両親の事業を引き継ぐのに適切な時期はいつでしょうか。
移行の適切な時期を判断するのは難しいです。

今回は、決定を下す前に考慮すべき重要な要素と、スムーズな移行を確実にするためのヒントとについて説明します。

家業を継ぐ圧力と誘惑

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 親が事業を承継を決めるときに考える要素とスムーズな移行のヒント

親が家業に加わるよう子供に圧力をかけると、その結果は広範囲に及ぶ可能性があります。

事業承継の心理療法士である Neil Crawford 氏は、家族経営の第 1 世代と第 2 世代の経営者の多くが、家族の遺産を築き、保存することに途方もない時間を費やしていると述べています。
これは、子供がビジネスを引き継ぐ義務があると感じたり、そうしないことで恩知らずと見なされたりするため、親子の間に緊張を引き起こす可能性があります。

一方で、雇用されるのは大変なことです。
20 代の大人を子に持つ親が、これに伴う圧力から自分の子孫を「救おう」という誘惑かられるのは当然なことです。

事業承継を始めるのは大変で、家族と一緒に始めるとさらに多くの課題が発生するため、オープンな対話を行い、お互いの希望を尊重しながら協力する方法を見つけることが重要です.

両親の功績を称える

両親を敬うことは、多くの文化、宗教、社会で見られる基本的な価値です。

これは、私たちを育て、提供し、愛してくれた人々に感謝と敬意を表す方法です。
家業を引き継ぐときは、私たちが下すすべての決定において両親を尊重することを忘れないでください。

これは、彼らの知恵と経験を認識し、時間をかけて彼らのアドバイスに耳を傾けることを意味します。
また、彼らの権限を尊重し、必要に応じてサポートを提供し、後継者計画に関して理解と柔軟性を提供することも意味します。

このように両親を敬うことで、両親やクライアント、同僚とより良い関係を築くことができます。最終的に、家業を継ぐことは、貴重な経験を積むと同時に、両親の勤勉さと献身を称える機会でもあります。

家業を継ぐ柔軟性

家業を引き継ぐことで、単調な仕事を飛ばしてすぐに良い仕事に取り掛かることができるため、柔軟性が得られます。

家族の力の段階と並行して、企業の成長または停滞の段階があり、一方の移行が円滑に行われるかどうかは、他方の移行に直接影響を与えることがよくあります。
一部の人にとっては、すぐ終わる話かもしれません。でも、時間がかかる工程な場合もあります。

引き継ぎの成功は、優れた計画だけでなく、世代間の親善と相互理解にも依存します。
家業を引き継ぐ前に、個人は自分の状況を考慮し、家業で働くことの長所と短所を比較検討する必要があります。
家族全員が単一の収入源に依存しているために発生する可能性のある潜在的な金融危機を回避するために、少なくとも 10 年前に継承を計画することも重要です。

保護者と一緒に仕事をするのは大変かもしれませんが、顧客と関係を築き、機会を最大限に活用しながら、貴重な経験を積むことができます。

後継者計画の強制

後継者計画に携わる家族は、法的な問題であるため、それが適切に行われることを保証することが不可欠です。

家族全員が意思決定の過程に参加し、明確な合意と期待があることを確認することが重要です。
税法、遺言、信託、およびその他の財政的取り決めを含む、承継計画のすべての法的側面を考慮に入れる必要があります。

この過程には、事業の将来、移行において家族のそれぞれが果たす役割、将来の世代のためにビジネスをどのように管理するかについての会話も含まれる必要があります。

家族全員の要望が確実に聞かれるように、家族全員と率直な対話を行うことが重要です。適切な計画とコミュニケーションにより、家族は次世代のために事業承継ができます。

礼儀正しく、自分の主張を説明する

ビジネスについて両親と会話するのは難しく、神経質になることがあります。

礼儀正しく、率直で、正直であることが重要ですが、自分の見解を説明することも重要です。
効果的なコミュニケーションは、保護者や介護者との前向きな関係性構築の鍵となるため、彼らの主張に耳を傾け、彼らの気持ちを確認するようにしてください。

検証は、たとえ同意できなくても、彼らの主張を尊重し、検討する意思を示します。
あなたの両親がノウハウの提供や助言をしている場合は、彼らの助力に感謝するようにしてください。

彼らはあなたとビジネスにとって最善であることを望んでいます。
また、家業を継ぐ場合は、親と一緒に働くことで貴重な経験を積む機会です。
顧客との関係を構築することは、今後の主たる経営者として学び、成長するための優れた方法です。

両親と一緒に働く

ご両親と一緒に働くことは、学び、貴重な経験を積み、顧客との関係を築く絶好の機会です。

家業を継ぐことを決めた場合は、両親を尊重し、遺産を尊重し、アドバイスに従う必要があることを覚えておくことが重要です。
誰もがプロセスとタイムラインを認識できるように、後継者計画を用意しておくことも有益です。
一緒に働くことは、両親が何年にもわたって築き上げてきた遺産を継承すると同時に、将来の成功のために自分自身を準備するための素晴らしい方法です。

貴重な経験を積む

家業で働くことは、他の場所では得られない貴重な経験を得るユニークな機会を提供します。

対人スキルを磨くことからクライアントとの関係を築くことまで、ファミリービジネスは、メンバーが業界について学び、リーダーシップの適性を開発し、ビジネスを運営することの複雑さを理解することを可能にします。

家族の若いメンバーに自分自身を証明する機会を与えるだけでなく、両親から貴重な洞察を得て、親戚と有意義な絆を築く機会を与えます。

顧客との関係構築

家業を継ぐにあたっては、お客様との関係構築が重要です。

これは、カスタマー サービスとマーケティングの貴重な経験を得る絶好の機会です。
クライアントとの関係を築くのは大変なことですが、やりがいもあります。
親と協力することは、機会を最大限に活用し、関係者全員が可能な限り最高の結果を得られるようにするための優れた方法です。

両親を尊重することを常に忘れずに、礼儀正しく、自分の見解を説明することが重要です。柔軟性、忍耐、理解があれば、協力してビジネスを成功させることができます。

機会を最大限に活用する

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 親が事業を承継を決めるときに考える要素とスムーズな移行のヒント

家業を継ぐことは、若い世代にとって大きなチャンスです。

よく考え抜かれた質問を準備し、両親と話し、正しい理由でそれを行っていることを確認することが重要です。
家族と一緒に働くことは非常に特別であり、しばしば独特の課題を提示します。

ただし、正しく行えば、家業に関する貴重な経験と洞察を得ることができます。
礼儀正しく、自分の意見を説明することは、クライアントとの関係を築く上で重要です。
この機会を最大限に活用することで、若い世代が貴重な経験を積むと同時に、両親を敬うことができます。

ご興味がありそうな他の記事はこちらです。

遺産は、法定相続に従って分けないといけない?

遺産は、法定相続に従って分けないといけない?

遺産は、法定相続に従って分けなければならないというものではありません。法定相続は、相続人の順位や権利を決定する法律ですが、遺産分割方法は個別の状況に応じて変化します。遺言書を作成し、配偶者や子どもなどの特定の相続人に対して遺産を指定すること...