目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!
てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

執筆者小嶋 晃弘

◆国際基督教大学卒、大阪府立大学大学院経済学研究科修了。税理士、MBA、宅地建物取引士。国際営業、経理、労務、採用、人事、IT管理など幅広い分野での実務経験があります。 ◆税理士の顧問サービスの他、企業オーナーや個人事業主に対して資産運用コンサルティングや税務サポートを提供。金融教育の重要性を感じ、税務関連の執筆活動にも取り組んでおり、税務に関する書籍や記事を執筆しています。 ◆プライベートでは、2人の男の子の父。趣味は水泳、読書、カメラ、アニメで、休日には息子たちと一緒に自然を楽しんでいます。

2023年3月28日

在留資格について知っていますか?日本に滞在する際に、国籍や目的に合わせて、異なる在留資格が必要です。この記事では日本の在留資格の種類についてご紹介します。日本で働く方や留学生、永住権を取得したい方など、自分に合った在留資格を知ってみましょう。

在留資格29種類まるわかり!

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

日本に在留するために必要な在留資格は29種類あります。細かく分けている場合には、33種類と記載している場合があります。これらの在留資格には、就労ビザや留学ビザ、家族滞在ビザなどが含まれます。留学生や外国人労働者など、目的や状況によって適した在留資格を選択することが必要です。在留資格によって許される活動もそれぞれ異なります。これらの在留資格の種類と申請方法を知ることで、スムーズな滞在ができるようになるでしょう。

日本に住むために必要な在留資格とは?

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

日本に住むためには、在留資格が必要です。在留資格は、外国人が日本に合法的に滞在するために必要な資格で、29種類あります。資格の種類によって、在留期限や就労の可否などが異なります。日本で仕事をするためには、就労資格が必要となります。また、留学生の場合は、留学資格が必要となります。家族と一緒に日本で暮らす場合には、家族滞在資格が必要です。在留資格の種類については、申請方法を含めて慎重に確認する必要があります。外国人が日本で暮らすためには、適切な在留資格を取得することが大切です。

在留資格によって許される活動とは?

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

日本に滞在するためには、在留資格が必要です。在留資格の種類によって許される活動が異なるため、在留資格を持っているかどうかを確認することが必要です。例えば、「文化活動」の在留資格を持っている場合、日本文化の研究者として活動することができます。「短期滞在」の在留資格を持っている場合は、観光客や会議参加者として滞在することができます。また、仕事をするためには「特定技能」「技術」「永住」「家族滞在」などの在留資格が必要です。留学する場合には、「留学」「就学」「就職内定者」などの在留資格が必要です。在留資格によって許される活動が異なるため、自分の目的に合った在留資格を選ぶことが重要です。

留学に必要な在留資格とは?

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

外国人留学生が日本で留学するには、在留資格「留学」が必要です。この在留資格を取得するには、日本の専門学校に入学する必要があります。専門学校が定める条件を満たせば、在留資格を取得できます。留学生が一時帰国する場合は、再入国許可を取得する必要があります。また、就労する場合は、別途就労ビザが必要になります。留学に必要な在留資格には、さまざまな種類があります。留学生にとっては、留学に適した在留資格を選択することが重要です。 在留資格の種類と申請方法を理解した上で、留学する計画を立てることが大切です。

仕事をするために必要な在留資格とは?

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

仕事をするためには、在留資格が必要となります。在留資格には、「技術・人文知識・国際業務」「特定活動」「家族」「学習」「短期滞在」「留学」「就学」「文化活動」「宗教活動」など、様々な種類がありますが、就労を目的とする場合は「技術・人文知識・国際業務」または「特定活動」の在留資格が必要です。

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格は、専門的な知識や技能を有する外国人が、日本国内での業務に従事するために必要な資格です。また、日本の企業や団体が外国人を雇用する場合、就労ビザの申請が必要となります。

一方、「特定活動」は、技術・文化・スポーツなどの特定の分野で活動するための在留資格です。この場合も、就労ビザの申請が必要となりますが、比較的柔軟な規定があるとされています。

外国人が日本で働くためには、適切な在留資格を持つことが必要不可欠です。日本においては、外国人労働者を雇用する際には、在留資格に加えて労働許可証などの所定の手続きが必要となります。

日本の在留資格の種類と申請方法を解説!

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

日本に滞在する外国人が、在留資格を取得することが必要です。在留資格には、就労や研究のための在留資格や留学生や家族滞在のための在留資格など、様々な種類があります。在留資格の取得には、必要書類の提出や面接が必要となります。申請方法は在留資格によって異なるため、正確な情報を入手することが重要です。在留資格を取得することで、外国人が安心して日本で活動できるようになります。企業や学校は、外国人の在留状況を把握し、適切に支援することが求められています。

家族と一緒に日本で暮らすための在留資格とは?

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

家族と一緒に日本で暮らすために必要な在留資格は、「家族滞在」です。この在留資格は、外国籍者が日本で活動するためのビザを持つ配偶者や子供など、外国籍者の家族が日本で一緒に暮らすために発行されます。なお、この在留資格を持っている家族は、日本での就労に制限があります。また、在留期間は、外国人の持つビザの在留期間と同じ期間となります。外国人が家族と一緒に日本で暮らす場合、家族の在留資格もしっかりと確認し、必要な手続きを行うことが重要です。

短期滞在に必要な在留資格とは?

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 目的別に、在留資格でできることを理解しよう!

短期滞在に必要な在留資格とは何でしょうか?短期滞在とは、観光や親族の訪問、スポーツ、見学、講習、会合などの目的で日本を一時的に訪れる場合に必要な在留資格のことです。短期滞在には、最長で90日までの滞在が可能で、日本での活動内容に応じて、観光ビザや商用ビザなど様々な種類があります。また、査証免除国の方々はビザ不要で入国することができますが、必要な書類や条件があります。

ご興味がありそうな他の記事はこちらです。

1万円交際費の判断の新規定:税理士が考える会議費利用の秘訣

1万円交際費の判断の新規定:税理士が考える会議費利用の秘訣

2024年4月から、交際費の損金参入規定が更新されます。経営者はこの規定が気になる経営者も多いはずです。制度的にはどこ辺りに使うといいか、税理士としてその影響とともに検討しています。新規定の解釈とその利用方法について、私見を述べたいと思いま...