税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討
てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

執筆者小嶋 晃弘

◆国際基督教大学卒、大阪府立大学大学院経済学研究科修了。税理士、MBA、宅地建物取引士。国際営業、経理、労務、採用、人事、IT管理など幅広い分野での実務経験があります。 ◆税理士の顧問サービスの他、企業オーナーや個人事業主に対して資産運用コンサルティングや税務サポートを提供。金融教育の重要性を感じ、税務関連の執筆活動にも取り組んでおり、税務に関する書籍や記事を執筆しています。 ◆プライベートでは、2人の男の子の父。趣味は水泳、読書、カメラ、アニメで、休日には息子たちと一緒に自然を楽しんでいます。

2023年2月16日

税法は日常生活の重要な部分ですが、複雑な場合があります。税務書類を処理するのは長くて面倒なプロセスになる可能性があるため、多くの人がプロセスを簡単にするために AI に目を向けています。ただし、税法の特定の側面では、人の介在が必ず必要です。税法に関するAIの影響・利点とともに、AI だけではうまくいかない 理由を考えてみます。

はじめに: 税法に対する AI の影響

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

導入で説明したように、人工知能 (AI) は税法の分野に大きな影響を与えています。

AI 主導のテクノロジーは、税務のやり方を変え、過程を合理化し、より効率的な解決策を提供しています。しかし、AI 処理だけではできないことの 1 つは、税法のあいまいさを説明することです。 AI ツールは、個々のケースや状況のニュアンスを考慮に入れることができません。

事前に定義された一連の規則と場合分けに基づいて自動化された解決策のみを提供できます。 AI が税務にどのように役立つかを真に理解するには、人間だけが理解できるニュアンスを説明しながら、この技術が既存の作業工程をどのように補助・改善できるかを検討することが重要です。

人工知能の定義

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

税法への影響について議論する前に、人工知能 (AI) の定義を理解することが重要です。

AI は、機械が人間のように学習し、行動することを可能にする技術の一種です。アルゴリズムとデータセットを使用して、人間の介入が必要なプロセスを自動化します。 AI システムには自己学習機能があり、精度とパフォーマンスを継続的に向上させることができます。

AI は、日常的なタスクの自動化から、複雑な問題に対する知的な解決策の提供まで、さまざまな仕事に使用できます。税法の文脈では、AI を使用して、税理士が事例を分析し、パターンを見つけ出し、戦略をより効率的に開発するのに役立てることができます。

AIが税務に与える影響

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

AI は、税務専門家が業務を強化するためのツールになりつつあります。 AI 技術は、法務を合理化し、時間とお金を節約し、税法に関する最新情報を提供するのに役立ちます。税理士は現在、財務分析や契約分析などのタスクを自動化するために AI を使うことがあります。

つまり、税理士は仕事のより戦略的な側面に集中でき、AI が面倒な部分を処理してくれます。 AI が、税理士が税法の変更に関する最新情報を入手できるように支援し、弁護士の業務における競争力を高めてくれることもあります。 AI を活用したツールと税務の自動化により、税理士はコストを削減しながら、より質の高いサービスを提供できます。

法務業務を合理化する AI ツール

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

AI ツールは、法務業務を合理化するためにますます使用されています。

AI 主導の解決策は、税理士が大量の文書を迅速にレビューし、特定のタスクを自動化し、法律に関するより良い洞察を提供し、判例法のパターンを特定するのに役立ちます。これにより、弁護士はデータを分析し、意思決定を行い、クライアントにアドバイスを提供することが容易になります。

AI は、裁判所が特定の事件でどのように判決を下すかを予測するための強力なツールも提供します。機械学習アルゴリズムを活用することで、税理士は、法廷に持ち込まれる前に、事件の最も可能性の高い結果についての洞察を得ることができます。 AI 主導の解決策は、弁護士が手作業を必要とする平凡なタスクを自動化することで、時間とお金を節約するのにも役立ちます。

AI は法律専門職を変革し、より効率的で費用対効果の高いものにしています。

税理士は AI 革命にどのように適応しているか

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

税理士は、人工知能 (AI) が業務をより効率的にする可能性を認識し始めています。

AI 主導の税務自動化の助けを借りて、税理士はワークフローを合理化し、税法の人間的要素に集中する時間を増やすことができます。弁護士はまた、クライアントのニーズをよりよく理解し、より包括的なアドバイスを提供するために、AI を活用した税務解決策を活用しています。 AI の力を活用することで、弁護士は時間とお金を節約しながら、より包括的な法律サービスを提供できます。税務実務における AI の採用はまだ始まったばかりですが、税理士はその可能性を活用するために急速に適応しています。

税法における人的要素

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

税法は非常に複雑な法律分野であり、人々、その状況、および法律との関わり方が関係しています。

AI は、自動化と AI 主導のソリューションを提供するだけでなく、税務業務を合理化する上で多大な支援を提供できます。ただし、税法には依然として人間の専門知識と判断の要素が必要であることを覚えておくことが重要です。

税理士は、税務に関する知識を特定の状況に適用するだけでなく、税務が特定の事件にどのように適用されるかについての専門知識を適用しています。 AI は意思決定と作業の合理化に役立ちますが、最終的には、より複雑な税務問題に必要とされるのは人的要素です。

結論

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 税法が、AI処理だけではうまくいかない人的要素の検討

このブログで見てきたように、AI と税法の交差点は、急速に進化するテクノロジーの領域です。 AI テクノロジーには、税法の特定の側面を自動化し、法務を合理化し、税務コンプライアンスのための AI 主導のソリューションを提供する可能性さえあります。

しかし、税務実務に関しては、人的要素を無視することはできません。現在の AI と税法の結びつきはまだ初期段階にあるため、税理士が AI 革命に適応しなければならないことは明らかです。そうすることで、税理士はクライアントに対する倫理的義務を守りながら、AI によって提供される利点を活用することができます。

将来的には、AI テクノロジーを使用して、納税者の​​権利と利益を保護しながら、法的サービスの速度と正確性を向上させることができます。AIを慎重に検討し、サービス提供の向上に利用をしていきたいと考えます。

ご興味がありそうな他の記事はこちらです。

1万円交際費の判断の新規定:税理士が考える会議費利用の秘訣

1万円交際費の判断の新規定:税理士が考える会議費利用の秘訣

2024年4月から、交際費の損金参入規定が更新されます。経営者はこの規定が気になる経営者も多いはずです。制度的にはどこ辺りに使うといいか、税理士としてその影響とともに検討しています。新規定の解釈とその利用方法について、私見を述べたいと思いま...