事業や会社を売却するときの基本的な価値

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 事業や会社を売却するときの基本的な価値
てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 事業や会社を売却するときの基本的な価値

執筆者小嶋 晃弘

◆国際基督教大学卒、大阪府立大学大学院経済学研究科修了。税理士、MBA、宅地建物取引士。国際営業、経理、労務、採用、人事、IT管理など幅広い分野での実務経験があります。 ◆税理士の顧問サービスの他、企業オーナーや個人事業主に対して資産運用コンサルティングや税務サポートを提供。金融教育の重要性を感じ、税務関連の執筆活動にも取り組んでおり、税務に関する書籍や記事を執筆しています。 ◆プライベートでは、2人の男の子の父。趣味は水泳、読書、カメラ、アニメで、休日には息子たちと一緒に自然を楽しんでいます。

2023年4月25日

事業や会社を売却するときの基本的な価値はなんでしょうか?事業が売れるかどうかを考えるときに意識しておくべき点です。

事業の資産の価値

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 事業や会社を売却するときの基本的な価値

売るということを考えたときには、事業についてくる資産の価値を考えます。

例えば、事業を行っている土地と建物があるとしましょう。事業を行う上ではその土地と建物が必須です。事業売却と考えれば、この建物をどこかへ売ることになります。

土地が2,000万円、建物が簿価で500万円であれば、とりあえず2,500万円の資産です。実際の土地の価格、建物の価格を測る必要がありますが、話を簡単にするために、ここでは簿価と実際が同じとしておきます。

すると、2,500万円の土地と建物を売ると見ることができますね。事業=事業資産の売却は2,500万円が含まれます。

事業から定期的に生まれる利益

次に、事業そのものを考えます。土地・建物の上でなにか製品を作っていると仮定して、この製品を売ってどれくらいの利益が出ているかです。

例えば年間、700万円の利益が出ているとします。3年位はその利益をちゃんともらえると考えて、3倍の2,100万円が得られる利益と考えます。

合計した利益の額

てんむすび税理士事務所|英語対応・ITに強い税理士|大阪市都島区 | 事業や会社を売却するときの基本的な価値

資産と利益の合計額は、4,600万円になります。この利益の額が投資から得られると考え4,600万円の一つの売る金額になっています。

利益がでない事業はマイナス評価

理論上は、利益がマイナスでも売ることは可能です。例えば利益が−700万円であっても、2,500万円ー2,100万円で合計値は400万円です。プラスだから売れると考えるかもしれません。

しかし、マイナスの事業を続ける必要があるのでしょうか。今すぐ畳んでしまうのはどうでしょうか?そうすれば資産だけ2,500万円だけで売れると考えられます。

マイナスのものを買いたい人がどれくらいいるのでしょうか。

色々な考え方があるのですが、実質マイナスの事業は人気がないです。

売るためには利益を出しておく

逆の立場で、利益がでない事業がほしいか聞かれてみると、どう答えますか?おそらくいらないと言うでしょう。

マイナスなものをたたむのは時間がかかりますし、表面上のマイナス以上に費用がかかるはずです。

もし、売るということを考えるのであれば、きちんと利益を出しておきましょう。

ご興味がありそうな他の記事はこちらです。

マイナンバーカードと税金の追徴リスクを解消する

マイナンバーカードと税金の追徴リスクを解消する

マイナンバーカードに関する誤解や不安は多く、特に税金の追徴リスクについて心配する声を聞きます。このブログでは、マイナンバーカードが税務にどのように影響するかを明確にし、不安を解消を目指します。 マイナンバーカードとは?...

海外にいる家族への送金と日本の所得税削減について

海外にいる家族への送金と日本の所得税削減について

皆さん、こんにちは。本日は、海外に住む祖父母や子ども、親戚への送金が日本の所得税をどのように低減できるかについてお話しします。家族への支援は大切ですが、税金の支払いが心配な方も多いでしょう。実は、適切な手続きを行うことで、家族への送金が税金...

マイクロM&Aや事業譲渡でセカンド・オピニオンを得たい

マイクロM&Aや事業譲渡でセカンド・オピニオンを得たい

弊事務所では、マイクロM&Aや小規模の事業譲渡におけるセカンド・オピニオンとしてご相談をさせていただくことも可能です。どうしてセカンド・オピニオンの話が出てきたのか、そしてセカンド・オピニオンが実は推奨されているということについてま...