チェンソーマンで、アキからデンジへの相続税はかかるか?

チェンソーマンが人気ですよね。
マンガ未読の方には、少しネタバレの要素がある部分について、税法的に考えてみました。
ネタバレが嫌な方は、お気をつけください

目次

マンガでメージをつくろう

税法が難しいのは、イメージがつくれないことです。
具体例を知らないことも多いです。

相続を例に取れば、一生で一度や二度しか経験しない方がほとんどです。
そんなときに、別の例を知っていればちょっとは身近に感じられます。

マンガやアニメを見る方も増えました。
現実離れしたシチュエーションがある一方で、現実世界に根ざした内容であることもあります。

一例として、上手に取り入れましょう。

アキからデンジへのお金渡し

アキからデンジへ遺産を渡したいという話が出てきます。
マキマさんの意図の通り、デンジに家族をつくる結果ですね。

もともと針の悪魔や未来の悪魔との契約もあり、デンジよりも自分の先が短いことに気づいていたのでしょう。

亡くなった後は、そのお金をデンジと姫野先輩の渡すようにしていました。
その際、相続税がかかる可能性があります。

相続は放棄もできるが…

なお、相続は放棄することも可能です。
その場合は、次の方へ承継権が移ります。
最終的には国庫行きです。

チェンソーマンでは、一番最初にデンジが父親の借金を背負っていました。
ここで相続放棄をすればよかったとありますが、本人は子どもでしたし相手はヤクザものです。
まっとうなやり方が通用しなかったと考えれば、このときの相続放棄は物語の流れとしても現実的ではないですね。

YouTubeでは、アキからデンジへの相続を

YouTubeでは、アキからデンジへの相続を扱っています。
お暇なときに見てみてください。

動画で分かること

  1. 相続税の基本的な考え方の例
  2. 家族以外への相続の例
  3. チェンソーマンの相続事例
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次