【販売店の方向け】改正電子帳簿保存法とタイムスタンプ機器導入セミナー

てんむすび税理士|マイクロM&AからIT・税務相談まで | 【販売店の方向け】改正電子帳簿保存法とタイムスタンプ機器導入セミナー

電子帳簿保存法の改正案が出そろってきています。2023年2月28日現在は、電子帳簿保存法の改正の条文はまだ出ていません。それでも、大綱の内容でおおよその目処はついてきています。

今回のセミナーは、それに従って改正内容の説明とタイムスタンプ機器の紹介を一緒に考えるセミナーです。むやみやたらに不要な機器を買う必要はありません。しかしながら、気合でどうにかできるものでもありません。多くの方は、なにか機器やソフトウェアを購入して、仕組みをつくっていくことが必要でしょう。

ウェブセミナーですので、ご興味がある方は、ぜひご参加ください。

もくじ

電子書籍保存法の改正紹介

てんむすび税理士|マイクロM&AからIT・税務相談まで | 【販売店の方向け】改正電子帳簿保存法とタイムスタンプ機器導入セミナー

電子図書保存法の改正が2023年4月以降にされる予定です。私としては、早く法案の提出をしてほしいのですが、なかなか出てきません。

新聞報道なども含めて、事業者の様子見を政府がする以上の情報を出さないのかなという印象を受けます。たくさんの批判などを今更もらっても困りますし。

ただ、改正の内容は気になるところです。緩和がされる方向であり、電子データの対応に慣れていない事業者の方においては、緩和された内容で対応をしたいと考えるでしょうから。今回のセミナーは、そういった改正点についても、ご説明をしていく予定です。検索機能の要件の緩和が認められています。

適切な機器の購入を促す意味でも、販売店の方がタイムスタンプの役割と、タイムスタンプが新しい規制に準拠するためにどのように役立つかを理解することが重要です。適切なタイムスタンプ機器を導入することで、販売店の方はコンプライアンス リスクを最小限に抑え、この困難な時期にビジネス活動を活性化することができます。

タイムスタンプの役割を明確化

てんむすび税理士|マイクロM&AからIT・税務相談まで | 【販売店の方向け】改正電子帳簿保存法とタイムスタンプ機器導入セミナー

タイムスタンプ機器は、2023 年の改正後の電子帳簿保存法対応でも使われます。規模の大きめの顧客をお持ちの販売店の方は、タイムスタンプをぜひおすすめしてほしいところです。

YouTubeなどで税理士の話を聞くと、タイムスタンプは不要という言い方が多いです。規模の小さめの方を対象に話しているからです。組織的な対応を考えた場合には、改ざん可能性などを考慮して、タイムスタンプ機器を入れておくほうが証拠になります。

タイムスタンプが押してあると、法的な証拠書類としても充分です。

機器を導入することが、法律遵守へ

てんむすび税理士|マイクロM&AからIT・税務相談まで | 【販売店の方向け】改正電子帳簿保存法とタイムスタンプ機器導入セミナー

企業が電子書籍保存法の改正に確実に準拠するためには、適切な機器の導入が不可欠です。あらゆる規模の企業にとって、タイム スタンプ システムなどの適切な機器を使用することは、コンプライアンス リスクの管理に役立つだけでなく、ドキュメントや記録を効率的に保存およびアクセスする方法を提供します。

さらに、電子書籍保存法の適切な機器を導入することで、企業はエネルギー使用量の削減と環境法への厳格な準拠から利益を得ることができます。これにより、ビジネスが規制に準拠していることを確認し、市場での評判を守ることができます。このようなセミナーを利用することで、企業は法的要件を遵守し、より効率的なシステムの恩恵を受けるために、電子書籍保存のための適切な機器を導入する方法をよりよく理解することができます.

コロナ禍の中で、営業活動の刺激を!

てんむすび税理士|マイクロM&AからIT・税務相談まで | 【販売店の方向け】改正電子帳簿保存法とタイムスタンプ機器導入セミナー

世界的な COVID-19 パンデミックに直面して、企業は生き残るために奮闘しています。改正電子書籍保管法に対応しつつ販売店の競争力を高めるため、改正方法や設備を紹介するセミナーを開催しました。このセミナーの目的は、タイムスタンプの役割を明確にし、コンプライアンス リスクを特定して最小化し、法令遵守を確保するための機器を導入することでした。これらの対策を講じることで、ディーラーは、現在の不運にもかかわらず、ビジネスがコンプライアンスを遵守していることを知って安心し、活動の活性化に集中することができます。

ご興味がありましたら、ぜひご参加ください。

もくじ