副業や事業開始時が住民税でバレる?事業所得用の住民税を別に納税する方法

副業や事業開始時が住民税でバレる?事業所得用の住民税を別に納税する方法

会社に勤めているときに、副業や事業の開始がバレることがあります。多くのケースは、住民税が増えることによりバレていきます。 今回は、事業で稼いだ利益などの住民税だけ、個別に支払う方法をお伝えいたします。 住民税から副業がバレる危険性 住民税から副業がバレる可能性は多いにあります。このような形です(数字は適当なものを使っています)。 あなたの年収が300万円だったとします。このときの住民税は12万円くらいとしましょう。 会社を経由して住民税を払ってい方が多いですね。総務担当社は、あなたの住民税を12万円と理解します。...
源泉徴収票と住民税決定通知書の違いを整理しよう

源泉徴収票と住民税決定通知書の違いを整理しよう

確定申告をする場合に、源泉徴収票が必要です。あなたの給料がいくらかを証明する用紙で会社などの勤務先が発行するものです。 これに対して、住民税の通知書というものも存在します。これらは似ていますが、ちょっと異なります。 必要書類をそろえる際の知識として整理しておきましょう。 源泉徴収票 源泉徴収票は下記のような書式です。 だいたい、12月末に会社などからもらいます。遅いところは、1月に入ってからになる場合もあります。 総務担当者に言えば、再発行も可能です。システムを用意している会社であれば、自分で再度印刷発行ができる場合があります。...
海外に引っ越すとき、いつなら住民税がかからなくなるか

海外に引っ越すとき、いつなら住民税がかからなくなるか

海外に引っ越すのですが、住民税はどうなるでしょう? 海外に転勤になる、あるいは海外の自宅に引っ越して戻ってしまうときに、日本の住民税の支払いはどうなるでしょうか。 脱税はダメですが、住民税の基本も理解した上で引っ越し時期を決めるのは節税の一種となるでしょう。住民税の基本的な課税と節税を学びましょう。 住民税の基本知識 住民税は、1月1日現在でその市町村に住所がある方について課税がされます。...